• 結婚式への心構え

  • 長い間連れ添ってきたパートナーと一生を共にしようという決断は、大変勇気がいるものです。プロポーズの瞬間はこれからの人生を左右する二人だけの思い出になるため、一世一代の大イベントともいえます。しかし、それはあくまでプロローグのさらにほんの入り口でしかなく、二人の決意が固まった後には膨大な準備の数々が待ち構えています。とはいえ、それは二人が永く一緒に歩んでいくために踏み出す一歩となるのです。

    具体的に婚約から結婚までの流れとは、大きなもので両家への挨拶、指輪の購入、式場探し、結納、結婚式にかかる諸準備などとなります。結婚情報誌などでは、この流れを1年間のうちでいくつかに区切り、何ヶ月前までにこれをといったチャートが作成されています。実際その流れに則って準備を行うのが一般的ですし、雑誌は昔からのしきたりと現代のカップル世相の双方を反映したものであるため、このチャートに沿って準備を進めれば間違いないでしょう。

    結婚とは、本人同士はもちろん両家の家族や親族、そして金銭が大きく動くイベントです。充分に各方面に相談・連絡を行い、常に新郎新婦が最後まで気をしっかり持ってあらゆることを決定していく必要があります。結婚は夢であり大きな幸せの第一歩です。それと同時に、どのような人生をスタートさせるかを披露する機会であることも意識して結婚準備に臨むことが大切です。ここでは、結婚式を行う際の準備や、式当日に失敗しないためのポイント等についてご紹介します。